TOP

20年ほど前は、消費者金融は「サラ金」と世間からいわれていました。

  • かなり古い話ですが、消費者金融は「サラ金」と世間からいわれていました。「サラ金」という言葉は、サラリーマン金融を略しているのですが、消費者金融がサラリーマンをお客にしている金融業者、であるがゆえに「サラ金」と呼ばれていました。当時は、高金利でお金を貸すということもあって、世間からすれば印象は悪いものでした。この時のあまりよくない印象が強い昭和世代を基準にして見ると、当時とはまったく違う、ここ最近の、消費者金融の変化には、かなりビックリされるのではないでしょうか。今では、「銀行」と連携していることで信用度も前よりもアップしています。利用者が増え規模が大きくなった影響により、金利も銀行のように、低く設定される業者も結構増えています。そして、審査の基準もあまり高くなく、即時融資にも対応してくれるので、万が一、急にお金が必要になった場合には、銀行よりも頼りがいがあると思われるかもしれません。