TOP

お財布がピンチの時、その額が少額であれ友人及び知人などの近しい人か・・

  • お金に困窮した時、その額が少なくても友人・知人などからお金を借りてしまうと、築いてきた関係が破綻してしまう可能性があります。これは、自身が貸すほうになった場合にも同じことが言えます。ですから、自身がその立場に立たされた時、少々、そういった意味での覚悟は必要です。普通に考えて世の中に、自分のお金を他の人に貸したい人はいないでしょう。これまでの付き合いがあるからと言って約束通り貸したお金がしっかりと返済される確証自体あるワケもないです。また、貸金業者のように利息を上乗せして貸し出せるものでもないので、正直なところ、リスクはあっても、メリットが皆無です。あなた自身、お金のやりとりでトラブルを避けたいのであれば、周りに頼らずキャッシングの利用をするほうが無難です。ここ最近は、昔より低金利なものも増えていて、利便性も高くなっています。